陸前高田市ふるさと納税導入・運営支援

陸前高田市ふるさと納税サイト
http://www.taka-furu.com/

震災以降、返礼品の対応が困難になり中断していた陸前高田のふるさと納税。平成27年になり、特産品などを返礼品としてお届けできる状態になったため、再開されることとなりました。

導入当初の仕組み作りや、日常の運用オペレーションなどをお手伝いしてきました。

導入にあたっての準備作業をはじめ、導入後から始まる日常的な運用オペレーション。盛り上げて、利用満足度も上がるようしっかりやっていこうとするとかなりのマンパワーが必要になります。基本スタンスとしたのは「できるだけ地元の中で対応しよう」「どうせならこの機会に絡んでできることを同時に実現していこう」という点でした。

関連作業を一貫受託。一部の業務を、地元の経済的弱者となる方々の仕事として創出しました。

寄付金の処理などお金が絡む部分は自治体にお任せするとして、それ以外にもやらなければいけないことがたくさん出てきます。これらの業務を陸前高田市より受託し、一般社団法人ドリームプロジェクトを立ち上げて対応しております。

  1. サイトの制作と運営
  2. SNSなどによる広報活動
  3. 返礼品商品の企画・選定
  4. 返礼品生産業者への注文処理
  5. 返礼品の集荷
  6. 返礼品の梱包・発送
  7. 配送業者との連携
  8. ご利用いただいた方や生産業者からの問い合わせ対応

これらの仕事のうち、

返礼品の集荷を地元の高齢者の方に
返礼品の梱包・発送を授産施設利用者の方に
問い合わせ対応ほか、事務・企画・広報業務の一部をシングルマザーの方に

それぞれ雇用機会とすることにしました。陸前高田市は「ノーマライゼーションという言葉がいらないまち」を未来のまちづくりのテーマとして掲げており、障害を持つ方々の生活向上につながることはとても有益な策だったのです。

一般社団法人ドリームプロジェクトの活動については、こちらのページもご覧ください。

ドリームプロジェクト

導入・運営を支援します

あなたのまちにとってベストなカタチを、最短距離で。
そして、継続できる仕組みづくりを。
なにより、地元に笑顔を増やせるように。

陸前高田でのケースはあくまで一例です。抱えている課題は自治体によってさまざまです。
「ふるさと納税」という枠組みの中でその課題に対する取り組みを進めることができるかも知れません。現状や事情、問題点などをお伺いしながら、ふるさと納税をあなたのまちにとってもっともっと有効なものにできるよう、そしてもっともっとあなたのまちに笑顔が増えていくよう、お手伝いさせてください。

例えば、こんな支援をします

新規導入時の体制づくり

寄付金のオペレーションのほか、返礼品に関する企画・オペレーション・コールセンターなどを、官民一体となって進める体制づくりを、それぞれの自治体の実情に応じて提案し、実現へつなげます。関連サイトの制作も対応可能です。

オペレーションマネジメント代行

返礼品に関するオペレーション・コールセンターの管轄業務を代行します。ただし、マネージャーを除く現場スタッフはできるだけ各地の地元の人材の雇用によって構成します。

現地担当者の育成

商品企画や生産者との折衝、オペレーションの改善、コールセンターの品質向上などを目指して、現地スタッフに対して定期的に講習・相談等を通じて育成を行います。

陸前高田市長が返礼品の梱包・発送の作業場を訪問された際の1コマ。スタッフのやる気と誇りが感じられます。

地元の生産者にも笑顔が増えていきます。

導入前でも・導入中でも
今よりもっとよくしたい、とお考えであれば、お気軽にご相談ください

Copyright (C) ビッグアップル All Rights Reserved.