にドリームプロジェクトがとりあげられました。

陸前高田市の作業所から見える新しい街づくり
障害者が私たちと被災地をつないでいる

 - 「社会的弱者」ではなく、彼らが街を支えている。 -

2016/3/20のBUZZFEEDのサイトに、ドリームプロジェクトを取材いただいたBUZZFEEDのニュースリポーター石戸諭さんの記事が掲載されました。

障がい者の方々の「仕事」としての考え方と陸前高田市のふるさと納税の方針のリンク、プロジェクトの存在意義がよくおわかりいただけると思います。ぜひご一読ください。

「障害者は、周囲からの支援が必要な「社会的弱者」として語られがちだ。特に災害が起きた際には、最もしわ寄せを受けがちな存在でもある。しかし、東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた岩手・陸前高田市では違う。障害者こそが、街を支える「戦力」だ。現場を訪ねた。」・・・>>>続きはBUZZFEEDのサイトでご覧ください。

世界が認めた本場のパエリアをご家庭で気軽に楽しめる、「三陸パエリア」できました!

陸前高田の米「たかたのゆめ」と、パエリアコンクールで世界で5本のゆびに入る名シェフのスープが出会いました。味の決め手となるスープのレシピは、2013年にバレンシアで行われた世界パエリアコンクールで4位を受賞した「スペインバル バルデゲー」の栗原シェフによる本格派です。

「いつもはパエリアには国産米は使わないのですが、たかたのゆめは相性がいいんです。」

是非一度、休日の食卓などでお好きなトッピングを添えて、魚介の旨みがぎっしり詰まった三陸パエリアをお楽しみください。

たかたのゆめ2015新米食味会 ~東京・六本木~

2015年11月10日(火)、東京・六本木にて、メディア各社その他関係者、多彩なゲストをお招きして2015年の新米食味会を開催しました。
※新聞記事はクリックすると別画面で開きます(東海新報社)

震災から4年を迎え、たかたのゆめも次のステップへ進もうとしています。加工品などへの展開のほか、その味と相性で広がる「おにぎり」や「パエリア」とのコラボレーション。

そして何より、陸前高田市の第1次産業復興、さらにその先にある陸前高田市の発展のために「よりおいしいお米」を作ることを目指して、今でも生産農家さんをはじめ、関係者の工夫・努力は続いています。

  • たかたのゆめ2015新米食味会

  • たかたのゆめ2015新米食味会

  • たかたのゆめ2015新米食味会

  • たかたのゆめ2015新米食味会

  • たかたのゆめ2015新米食味会

  • たかたのゆめ2015新米食味会

  • たかたのゆめ2015新米食味会

東海新報社提供「たかたのゆめ物語」 ~誕生から生産拡大、復興へ~ 全10回

たかたのゆめの誕生秘話、これまでの道のり、そしてこれからへの想い、が伝わる連載です。読み応えありの「たかたのゆめ物語」、是非ご覧ください。(クリックすると別画面で開きます)

『日本一の温浴施設』を創ったノウハウをご提供いたします

弊社代表の関 欣哉(せき きんや)は東京お台場「大江戸温泉物語」のプロジェクトに企画段階より参加。立ち上げたのち引き続き経営。初年度集客実績120万人、6年を経過しても85万人以上を集客する日本一の温浴施設を創り上げました。

弊社ではそのような現場で培った店舗経営のノウハウを、ホテル・旅館の経営者の皆様にご提供しています。

それは、ホテルや旅館のコンサルティングへの「違和感」からでした

ホテルや旅館のコンサルタントというと、銀行系のコンサルティング会社がほとんどです。

実際に店舗の立ち上げ、経営を行ってきた弊社代表の関欣哉はその点に違和感を感じていました。

  • 帳簿を開いて数字を見るだけで本当の収益改善ができるのだろうか?
  • どのホテル・旅館にも、同じ手法しか掲出しないコンサルタントについて行っていいのだろうか?ホテルや旅館によって、課題となる部分や、伸ばしていく長所は別なのではないか?
  • 成功すると「自分のコンサルティングのおかげ」、失敗すると「お客様の力不足」という経営コンサルタントが多いが、その姿勢のコンサルに店舗を任せていいのだろうか?
  • なぜ、一度もホテルや旅館に携わったことのない人に、独特の業界であるホテル・旅館業のコンサルティングができるのか?

そのような従来のコンサルティング会社への「違和感」からできたのが有限会社ビッグアップルです。

施設を創り、運営し、売上をあげてきた実際の現場経験に裏付けされたホテル・旅館業の収益改善をサポートしています。

私たちの使命 「あなたの店舗が私たちを必要としなくなること」

施設で抱える問題、取り組まなければいけない課題などは、どのような施設でも存在します。

そんな問題や課題を理解しつつも、日々の業務に追われたり、具体的な策が浮かばなかったり、なかなか実行に移せないといった事はないでしょうか?

私たちは、大江戸温泉物語で培ったノウハウをもとに施設の問題や課題を解決するスペシャリストとして、現場で支配人や店長と一緒に考え、実行していくといった支援サポートを行います。

課題に集中して取り組むからこそ、改善の1歩が踏み出せる訳です。

そして最終的には、そうした課題や問題に取り組んでいく習慣を身につけて頂き、

私たちの様なコンサルタントがいなくても、業績が伸びていく施設を作ることが、私どもの目指すべき事です。

ホテル・旅館の経営者様へ

ここまでビッグアップルの基本的な考え方をお伝えしてきましたが、当社の考え方に共感してくださる方々は、まずこのサイトをご覧になっていただき当社のことを知ってください。

しかし、このサイトで当社の考え方を全てお伝えすることは、非常に困難です。
もし、当社の事業にご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様とのご縁をいただけることを、心より願っております。

一本松商店

収益改善のためのお問い合わせ

TEL:03-3507-5995
営業時間 9:00-18:00(土日祝除く)

戦略についてのお問い合わせフォーム

会社案内

有限会社ビッグアップル
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-1

ページの先頭へ